送り出し可能職種

送り出し可能職種は以下の通りになっております。
一定期間の実習を経て、産業上の技能等を修得することができ、単純な反復作業でないこと。2年目の技能実習2号に移動できる対象職種・作業は、職業能力開発促進法に基づく技能検定の職種・作業と、JITCO認定による公的評価システムに基づく職種・作業を合わせて2010年11月11日現在、合計62職種116作業となっております。

技能実習生送り出しの流れ

① お問い合わせ

まずは、お気軽にお問い合わせください。技能実習生受け入れをご希望される企業に最適な人材を送り出せるよう、弊社は日本語対応のスタッフより、ご連絡させていただきます。

② 候補者選考

弊社による、候補者の募集・資格要件の確認・審査(職歴、家族、健康状態、犯罪歴、海外不法滞在歴の調査)

③ 面接及び技能実習生の選定

候補者の中から書類選考及び面接によって選定(受け入れ企業による現地面接実施、その後、技能実習生を決定)

④ 必要書類の作成

弊社にて必要書類を作成、翻訳した後、監理団体に提出します。

⑤ 事前教育

提携先の日本語学校の教育。カリキュラムによって、実践的な内容の教育を実施いたします。(日本語教育、日本文化・法律、生活マナー・習慣、ごみの分別など)

⑥ 入国許可認定証明書取得

入国管理局で入国許可認定証明書を発行いたします。

⑦ 出入り国手続き

弊社にて必要書類を作成し、カンボジア日本大使館にてビザ申請を行います。

⑧ 日本への送り出し

送り出しに必要な日本語教育を終了後、必要書類を揃え、受け入れ企業への技能実習生を送り出します。

⑨ 日本滞在中のサポート

送り出し後は、弊社スタッフが受け入れ企業や技能実習生を訪問し、相談・トラブルの解決支援を行うなど、しっかりサポートさせていただきます。

⑩ 帰国受け入れ

受け入れ企業での実習を終えた技能実習生の帰国手続きから帰国までをしっかりサポートさせていただきます。留守家族への連絡や復職の支援など、技能実習生が帰国した後のサポートも行います。